最新情報

【お知らせ】(2019年8月15日)
8月14日(水)に鹿児島読売テレビ、MBC南日本放送が公演の様子を取材してくださり
(18:15~県内のニュース)特集コーナーで放送されました。

当日放送された動画を下記URLでご覧頂けます。
※番組名をクリックしてください。

KYT鹿児島読売テレビ「news every.」

MBC南日本放送「ニューズナウ」


是非ご覧ください。


感謝

田上晃吉

【放送のお知らせ】(2019年8月13日)

8月14日(水)にテレビ局2社が特集として先日行いました平和作品公演の様子を特集として放送されます。是非ご覧ください

KYT鹿児島読売テレビ「news every.」18:15~

MBC南日本放送「ニューズナウ」18:15~



是非ご覧ください。


感謝

田上晃吉

【お礼・更新情報】(2019年8月10日)


第18回女優たぬき追悼・平和作品公演が終了し、1週間が経ちました。
この度も日本各地から本当にたくさんのご声援・ご支援を頂き、心から感謝いたします。 

 クラウドファンディングもいよいよ明日、2019年8月10日(土)23:59までとなりました。

応援して下さる皆様を通して、また支えて下さるスタッフや仲間たちを通してこの活動を続けていく意味・意義を改めて痛感致しました。


まだまだ知らない戦争の悲惨な記憶、これからも学び、二度と繰り返される事のないよう、体験された方々の貴重な記憶を次の世代へ語り伝え、来年以降もこの活動を続けて参ります。
引き続き宜しくお願い致します。


なお、公演の様子を撮影したスナップ写真を「ギャラリー」ページにて公開致しました。

どうぞご覧ください。


感謝

田上晃吉

【ご報告】(2019年8月4日)

「感謝」
2019年度、女優たぬき追悼・第18回平和作品公演「遠い約束」〜おじいさんのタイムカプセル〜は皆様のおかげで無事終了いたしました。

ご来場いただきました皆様、スポンサー企業の皆様、クラウドファンディングでご支援頂きました皆様、本当にありがとうございました。
これからも大切なメッセージを伝え続けて参ります。

今後の課題・反省点も多々ございました。
今回の公演に関するご意見、ご要望、感想などをよろしければホームページ上の「お問い合わせ」で頂けましたら、今後に活かしたいと考えております。

どうか皆様、宜しくお願い致します。

改めて公演の様子を「ギャラリー」のページでご報告させていただきます。

皆様、本当にありがとうございました。

平和作品公演実行委員会
田上晃吉

【当日先着配布のご案内】(2019年8月2日)

公演当日、先着50名様に書籍「知覧の恋文」をプレゼント致します。(1世帯1冊)

※「知覧の恋文」とは、ザメディアジョン発行の書籍。
戦後70年あまり、戦争を知る世代が少なくなっている時代に入り・・・
太平洋戦争末期に特攻隊員が記した手紙(遺書)
隊員ひとりひとり、またその家族に、かけがえのない人生があったことをしってほしい最愛の人にむけた言葉の数々からは相手の幸せを願う、強い想いが伝わってきます。
こちらに亡き女優たぬきへ宛てた「田上裕志」の手紙が寄稿されてい

【出演情報】(2019年8月2日)
田上晃吉がMBCテレビ(南日本放送・鹿児島地デジ:1チャンネル)

かごしま4』(かごしまよじ)

に生出演予定。

【掲載情報】(2019年8月1日)
日本経済新聞社を通じて、yahooニュースで公演の記事が掲載されました。

「女優たぬき」さんが立ち上げた公演 息子たちが受け継ぐ「遠い約束」 /鹿児島

【掲載情報】(2019年7月25日更新)

2019年7月25日(木)南日本新聞の朝刊に公演の記事を掲載頂きました。
※上記クリックすると「田上晃吉」Facebookページへアクセスします。

【整理券配布に関するご案内】(2019年7月24日更新)

2019年8月3日(土)の開場時間は当初の予定通り12:30より開場致します。
混雑が予想されるため当日【12:00】より整理券を配布致します。
※全席自由席となっております為、整理券の先着順の入場となります。あらかじめご了承ください。

【掲載情報】(2019年7月24日更新)

2019年7月24日(水)より鹿児島市・霧島市・国分市に配布されます「南日本リビング新聞社」発行
「リビングかごしま」「リビングきりしま」に公演のお知らせが掲載されました.

2019年度の公演のお知らせ

女優たぬき追悼・第18回平和作品公演 

「遠い約束」

~おじいさんのタイムカプセル~


 2016年、天国に旅立った「女優たぬき」の想いを引き継ぎ、長男・田上陽一と二男・田上晃吉を主体に平和作品公演を再開いたします。
 戦後74年の今年、田上晃吉が事務所以外に所属している「東京地下鉄劇場」の20年上演されている室積光原作・脚本・演出の「遠い約束」~おじいさんのタイムカプセル~”という大人から子供までご覧いただける感動の物語”を鹿児島で上演致します。

お盆前のお忙しい時期ではありますが、皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。

【公演詳細】

2019年8月3日(土)

かごしま県民交流センター(県民ホール)

開場12:30 / 開演13:00


前売券 大人 2,000円 / 学生 1,000円

※当日券 500円 増(小 学 生 以 下 無 料)
【チケット】
イープラス(ファミリーマート・セブンイレブン)(7月2日より購入可能)
鹿児島ユナイテッドカフェ(店頭チケット購入・予約受付中)

平和作品公演実行委員会(メール受付)(チケット販売中)
【主催】
平和作品公演実行委員会 

【協力】
東京地下鉄劇場   室積光事務所

【後援】
MBC、KTS、KKB、NHK、KYT、エフエム鹿児島、フレンズFM、エフエムぎんが

【お問合せ】
平和作品公演実行委員会

info@heiwa-sakuhin.com
 ☎050-3633-6549



※本公演はクラウドファンディングを行っております。ご協力よろしくお願いいたします。

出演者紹介

※名前をクリックすると外部リンクに移動します。

田上 陽一(タノウエ ヨウイチ)

田上 晃吉(タノウエ コウキチ)

室積 光 (ムロヅミ ヒカル)

「遠い約束」原作・脚本・演出

中根 徹(ナカネ トオル)

左藤 慶(サトウ ケイ)

高東 楓(タカトウ フウ)

俳優・アクション監督

大高 敏宏(オオタカ トシヒロ)

俳優・舞踊家

古澤 蓮(フルサワ レン)

金徳 大輔(カネトク ダイスケ)

「遠い約束」

~おじいさんのタイムカプセル~

あらすじ


 昭和8年春、桜山尋常小学校の校庭にある桜の木の下に、中川猪太郎先生の呼びかけで十四歳になる五人の教え子が集まりました。

級長だった坂口順平は、ただ一人遠くの中学校に通っていますが、将来は医者になって村に戻り、人々のために尽くそうと考えています。

勉強も運動も順平に劣らなかった松田長次郎は、家の事情で進学できず、親戚の鍛冶屋を継ぐ予定でしたが、今は予科練に志願しようと思っています。

実家が炭屋の成田三吉は、二人の兄さんが死んでしまったので家業を継ぎ、将来は大きな店にするのが望みです。

文章を書くのが上手な林健一は、村に残って同級生の活躍を書き残す記録係を買って出ます。

両親を早くに亡くし、祖母に育てられた鈴木寛太は、自分を守ってくれた同級生たちとずっと友達でいたいと願っています。

五人それぞれの夢を綴った「私の将来」と題された作文は壺に入れられ、桜の木の根元に埋められました。五十年後再び全員集まってそれを掘り返すのです。


 しかし五人の行く手にはあの戦争が待ち構えていました。

長次郎は海軍航空隊で操縦桿を握り、順平は陸軍軍医の道に進みました。役場で兵事係を務める健一から召集令状を渡され、三吉と寛太も出征しました。

 昭和20年春、校庭の桜の木の下で待ち受ける健一と中川先生に、空から別れを告げた長次郎は沖縄の空で戦死しました。

やがて終戦。残りの同級生も一人として桜山に帰ってきませんでした。

ブーゲンビル島で飢餓に苦しんでいた三吉は、仲間のための食糧調達に赴き、ハチの巣のように撃ち抜かれて戦死。

フィリピンの戦場で順平は重傷を負った寛太と再会します。


「いいか寛太。俺はなあ、お前が期待してくれたほどいい医者じゃない。
だからお前を治してやれん。その代わり楽にしてやる。先にあの校庭の桜の木の下に行って待っていてくれ」


寛太を楽にしてやった後、順平も戦場の露と消えました。

昭和58年。桜山小学校創立百周年記念式典に招かれた健一は、同級生の作文の入った壺を手に語るのでした。

「皆さんの元気に遊ぶ声が校庭から聞こえてきますと、ああ順平の声がした、三吉の声が聞こえる、長次郎が呼んでる、寛太が笑ってる、と私は亡き同級生の声を探すのです」